まるたろうの怖い心霊ブログ

当サイトはホラー、映画、漫画、ミステリー、心霊写真、心霊現象、超常現象、不思議系、怪談、都市伝説、UMA(未確認生物)、その他モロモロといったオカルトをまとめていくブログです。 楽しんでいただければ幸いです。

    2018年08月

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/26(日) 09:58:53.13 ID:CAP_USER9
    8月19日に放送されたアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)に、ホラー回が登場して「人形が怖い」との声が上がっている。

    この日に放送されたのは、「まる子、人形が怖い」というエピソード。ある日、まる子は家で“髪の毛が伸びる日本人形”のホラー番組を見ておびえていた。
    すると、おじいちゃんが老人会の友達へ届け物をするため、まる子を誘って出かけることに。

    届け先の家でお菓子とジュースをふるまわれ、すっかりくつろぐまる子。
    しかし、家の中を見渡すと、たくさんの人形が置いてあることに気づき、さらに“リアルな顔のフランス人形”を見つけてしまったまる子は、ホラー番組を思い出してしまう。

    おじいちゃんは、友達とともに庭に盆栽を見に行き、リビングに残されたまる子は独りぼっち。
    すると奥さんが現れて、フランス人形を披露しながら「主人ったら、この子が夜中に歩き回ったり、笑い出すような気がして怖いって言うのよ」とまる子に話した。

    おびえながら家を後にしたまる子は、帰り道でたまちゃんと会い、公園へ遊びに行く。
    2人は、帰宅途中で砂場に薄汚れた人形を見つけ、かわいそうだからと木陰に移動させた。
    まる子は「置いて帰ったからって人形に恨まれたりしないよね?」と心配しながら帰宅した。
    まる子が昼寝していると、予感が的中したのか、夢に“人形”が現れる。慌てて飛び起きて公園で人形を回収し、きれいに洗って交番に届けようとすると、ちょうど持ち主の少女が現れ、人形を返して一件落着となった。

    まる子だけではなく、視聴者も人形には恐怖心があるようで「確かに日本人形とかって何もしてないのにあるだけで怖いよね」「私フランス人形がめっちゃ苦手だから、少し怖かった」
    「まるちゃんタッチの絵でも少しびっくりしちゃう」といった反響が起こっていた。

    子ども向けアニメとはいえ、人形が題材のホラー話に恐怖した人も少なくなかったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1508680/
    2018.08.26 07:30 日刊大衆
    no title

    【【テレビ】『ちびまる子ちゃん』のホラー回が話題!「人形が怖い」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/08/29(水) 19:16:50.25 ID:+xI23RRb0NIKU
    男性に対する期待値が異様に高いため、自縄自縛で苦しんでおられる。それが、文面を拝見しての第一印象です。
    男性に対して端的に興味がない人は、わざわざ「嫌い」とも感じませんし、「打てば崩れそうで頼りないからダメ」と、ことさらに否定したくもなりません。
    「自分を楽しませられるよう、会話をリードすべきだ!便りがいがあって、ただ一方的に自分を守ってくれる人であるべきだ!」
    そうして幼児みたいに庇議されたい欲望を持っておられるがゆえにこそ、それを満たせない現実の異性に嫌悪感を抱かれているのでしょう。
    けれども、よくよく考えてみれば、「頼りにできない人間と結婚かぁ・・・」迷っておられる倣慢さ以外に、いったいご自身は相手に何を差し出しているのでしょうか。
    かつての「日本男児」ですら、徹底的な男尊女卑の特権を得ることといわば交換に、女性を庇護していたのです
    。現代のように男女平等化した時代に、何も差し出さずに「ただ勇ましく庇護してほしいよー」と駄々をこねても、そんな人を心から愛し守ろうと思える聖人君子は、この世にいません。
    ご自身の陥っている状況を客観視するには、反対側から考えてみるのが役立つかもしれません。
    すなわち、「近頃の女性は、女らしいおしとやかさも、かれんさもないから好きじゃない」とスネている男性に対して、あなたはやさしくないしは女らしく振る舞おう、という気になるでしょうか。
    「他人の過ちを大げさに取り上げることにより、イ力サマ師は自分の過ちを見えなくしてしまう」
    とは、『法句経』に残る釈迦の言葉です。
    「頼りがいのある男性に出会えないのは、自分の性格ゆえでは!?」と、視線を180度転回してはいかがでしょうか。
    no title

    【彡(癶)(癶) 「私は男性を信じることができません。怖いというより、嫌い。」和尚「ハァ...」 】の続きを読む

    このページのトップヘ