まるたろうの怖い心霊ブログ

当サイトはホラー、映画、漫画、ミステリー、心霊写真、心霊現象、超常現象、不思議系、怪談、都市伝説、UMA(未確認生物)、その他モロモロといったオカルトをまとめていくブログです。 楽しんでいただければ幸いです。

    2020年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 23:00:46.84 ID:uQqPYwyI0 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    東京 鮫洲運転免許試験場を閉鎖へ 職員感染で 新型コロナ
    2020年3月31日 21時42分

    警視庁によりますと東京 品川区にある「鮫洲運転免許試験場」に勤務する交通安全協会の職員が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

    これを受けて警視庁は「鮫洲運転免許試験場」を1日から閉鎖することを決めました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200331/k10012360971000.html
    no title

    【警察コロナ感染で運転免許試験場が封鎖、これそのうち原発も封鎖されるんじゃ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 10:58:47.05 ID:cFLtTpvk0
    間違いが起きたらまずいだろ
    no title

    【JRPG「男女混合パーティですが宿屋は同室で宿泊します」←なんで?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 11:02:29.20 ID:dtodhNrI0
    ってなんだったんか?
    no title

    【草なぎ剛だけ逮捕された時「メンバー」ではなくて「容疑者」であった理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/31(火) 08:33:14.57 ID:W2lr0HW/0● BE:866556825-2BP(4000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    「パンデミックの終焉は近い」中国の終息を言い当てたノーベル賞科学者が予言  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000008-giz-sci

    当たってくれ!…頼む!

    米英イスラエルの国籍を持つスタンフォード大学がん研究所のマイケル・レヴィット教授が、 「新型コロナウイルス(Covid-19)のパンデミックは予想より早く終息するだろう」と発言し、さまざまなメディアが引用しています。

    【全画像をみる】「パンデミックの終焉は近い」中国の終息を言い当てたノーベル賞科学者が予言

    疫学は専門外の教授ですが、化学の複雑系モデルの開発で2013年ノーベル化学賞に輝いた人。DNAと蛋白質のシミュレーションソフトを世界で初めて開発し、高分子構造の挙動の予測の第一人者として知られます。夫人が中国美術研究家で、中米イスラエルを行き来していることもあって、今回のコロナウイルスについては1月の初期段階から世界中の動きを注視してきました。

    中国の鎮静化をだれよりも早く予言

    1月31日、中国では46人がし亡。前日の42人よりは多いけど、増加はスローダウン。そこに目をつけた教授は中国国内の友人たちに、大丈夫だ、もうすぐ減少に転じるから…と解析レポートを送って激励。レポートは中国語に翻訳されてSNSで広まり、みんなそれを心の拠り所にしてがんばっていたら本当にその通りになって、2月7日から新規感染数が減って、1週間遅れで致し率も減少に転じました。

    WSBTVの記事にあるように、2月初旬の段階で3月半ばの感染数とし者数をピタッと命中させています。

    教授の予想: 感染80,000人 し者3,250人前後

    3/16の実数: 感染80,298人 し者3,245人

    3/30の実数: 感染82,122人 し者3,304人(ジョン・ホプキンス大学調べ)

    トンネルを照らす希望の光

    教授が解析を思い立ったのは、パンデミックでたいへんなことになっていると中国の友人に聞いたから。「何か帰結点のようなものが導き出せないかと思って数字を詳しく見てみることにした」のだとイスラエルの経済紙カルカリストに語っています。

    同紙のインタビューによると、最初、湖北省ではウイルスの感染は日率30%の勢いで蔓延していました。「これは空恐ろしい数。インフルエンザのことはよくわからないが、数の解析なら自信がある。その自分が見ても指数関数的な拡大だ。このペースでいけば、90日で全世界に感染が広まる計算だった」と言います。

    ところがその後、事態は急転。2月1日には1日1,800人ずつ感染が拡大し、6日で4,700人に達していたのが、同月7日には直線的な下降に転じ、1週間おいてし者数も同じ下降線を辿ります。「ピークアウトしたことで終息の予測も容易になり、中国全土で2週間以内に事態は好転するという結論を出すことができた。現に今では新規感染はほぼなくなっている」と教授。
    no title

    【燃えろコロナ、夜明けは近い。中国の終息を言い当てたノーベル賞科学者がパンデミック終焉近いと予言】の続きを読む

    このページのトップヘ