本当にあった怖い話

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/06/19(火) 19:44:58.90 ID:J4jNfA/80 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
     暴力そして殺害が多発しているメキシコで企業が事業を閉鎖するケースが増えている。

     6月に入ってペプシコーラのボトラー(※飲料メーカーが製造した原液を水で薄め、容器に詰めて製品化して卸売り・小売りに供給する会社)GEPPグループも
    ゲレロ州アルタミラノ市の本社を閉鎖することを決めた。GEPPは40年の事業経験を持ち、2011年よりペプシコーラのメキシコ全域でのボトリングそして販売を
    手掛けている企業で、ペプシコーラの他にもゲータレード(Gatorade)、7Up、ミリンダ(Mirinda)なども同様に取り扱っている。

     GEPPのグループ全体で4000人を雇用し、125の生産ラインを持ち、8997台の配送トラックを所有している大企業だ。(参照:「Expansion」、「America Retail」)

     事業を閉鎖することにした理由は、今年1月から同社の従業員が暴力組織から恐喝や暴行の被害を受けていたことだという。そして、5月29日以降になると、
    彼らは会社側に社屋の権利維持の為の支払いを執拗に要求するようになったという。(参照:「Sin Embargo」)

     もちろん、GEPPも暴力組織からの恐喝などの圧力だけであれば本社事業の閉鎖には至っていなかったかもしれない。ところが、2015年にマネジャーの
    ウーゴ・デ・ラ・クルスが会社に向かう途中、テロロアパン市の2キロ手前の所で武装グループに拉致され、それ以後彼の行方が途絶えてしまったという
    誘拐事件を経験しているのだ。しかも、その年は、アカプルコとチルパンシンゴの両市で事業や企業の閉鎖が270件も発生するという恐怖の年であった。

     今年3月末にはライバルのCoca Cola Femsaというコカ・コーラのボトラー会社も同じくゲレロ州での事業を閉鎖したという前例もある。

     GEPPでは、ライバルのコカ・コーラもゲレロ州での事業から撤退し、また社員に危害が及ぶことを避けたいとして本社事業の閉鎖を決定したようである。
    しかも、ゲレロ州はメキシコで麻薬組織など暴力組織が最も蔓延っている州である。今後もこの自治州で事業を展開して行くことは可成りの危険を
    伴うことになると経営者側でも判断したようである。

    全文
    https://hbol.jp/168378
    no title

    【1日に90人殺害されるメキシコ 大企業も怖がって逃亡 】の続きを読む

    1: 無記無記名 2017/11/09(木) 09:45:35.50 ID:41tPmcS4
    美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテイン。手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、多くの危険性があることも事実だ。
    飲む前にきちんと知っておきたい、その危険性とは?
    20万人以上の臨床経験と、生化学×最新医療データ×統計データから、
    医学的エビデンスに基づいた本当に正しい食事法をまとめた牧田善二氏の新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』から、内容の一部を特別公開する。


    人工的なタンパク質は腎臓を疲弊させる
    ――手軽な大量摂取の知られざる危険性

    重要なことを「肝腎(かんじん)」と言います。これは、肝臓と腎臓から来ています。

    私たちが生きていくために必要不可欠な臓器としては、心臓や肺、脳などがすぐに思い浮かぶでしょう。

    しかし、栄養素の合成や老廃物の排出などを行う肝臓や腎臓がやられてしまったら、私たちは命をつなぐことができません。

    詳しくは新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』で書いていますが、肉など自然の食べ物には含まれていない「つくられたタンパク質」は、
    大事な腎臓を悪くする可能性があります。どういうことか簡単に説明しましょう。

    タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。
    これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。

    もし、腎臓の濾過機能がすっかり駄目になれば体中に毒素が回る尿毒症となって死に至ります。
    それを避けるために、機械に血液を通して毒素を濾過しているのが人工透析です。

    人工透析を必要としている患者さんは「身体障害者1級」の手帳を持ち、医療費が無料になります。
    腎臓が機能しないということは、それほど重篤な状態だということです。

    このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、
    その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。

    また、タンパク質の大量摂取は骨に悪い影響を与えるという論文もあります。こうした人工物で健康体をつくろうというのは大きな間違いなのです。


    ダイヤモンド・オンライン
    http://diamond.jp/articles/-/145387
    no title

    【【医療】医者がプロテインをオススメしない怖い理由 】の続きを読む

    このページのトップヘ