映画・ドラマ

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月)01:40:56 ID:TwJ
    好きな女の子との宅飲みになんとか持ち込めた

    お酒入っていい感じに酔ってきたので、
    一緒に映画見ようって言って、
    有料動画配信サービスにあったホラー映画を一緒に見てた

    最初の怖いシーンで、
    好きな子が突然泣き出して、
    「ごめんほんと無理ごめ、ごめん!」て言ってゲロを吐く
    ワイそこで一気にモチベーション下がってしまって
    映画の再生止めて、掃除して、そのあと気まずくなって好きな子を帰してしまった


    もうモチベーションだだ下がりだわ
    好きな子が泣きながらゲロ吐くところとか正直見たくなかったし
    no title

    【吊り橋効果狙って好きな女の子と一緒にホラー映画見たら悲惨なことになった】の続きを読む

    1: ジョーカーマン ★ 2018/05/13(日) 19:36:28.89 ID:CAP_USER9
    フジテレビ系ドラマ『世にも奇妙な物語’18春の特別編』が12日よる9時から放送された。
    乃木坂46白石麻衣がドラマ単独初主演を果たした「フォロワー」で見せた演技に反響が寄せられている。

    白石麻衣主演「フォロワー」ストーリー

    おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ。
    「フォロワー」は、白石演じる主人公が“インフルエンサー”を目指して写真投稿SNSに奮闘するというホラーサスペンス。

    キラキラな“港区OL_ハル”こと藤田小春(白石麻衣)はフォロワー数ナンバーワンを目指す写真投稿SNSの“新女王”だが、“港区”生活に素敵な“彼氏さん”、“#総額80万のカジュアルダウン”といった日々のキラキラな投稿は実は全てが完全にフェイク。
    実際の小春は、しがない印刷会社に勤め、安普請のアパートに住み、キラキラとはほど遠い生活を送っていた。
    そんなくたびれた日々の中、唯一の楽しみが増えていくフォロワー数。
    特に、最近フォロワーになった“ミミ子@ど田舎”の数々の応援リプに心が救われていた。

    そんなある日、「港区OL_ハル VS 麗しの受付嬢さゆ、どっちがキラキラ?」というアンケート対決で、フォロワーが3万しかいない“麗しの受付嬢さゆ”に負けていることが発覚。
    闘争心を燃やした小春は、ミミ子の応援リプにものせられ、追われるように偽のキラキラぶりをエスカレートさせいく。
    ところがある日、ミミ子からすぐそばで実際の生活を見られているようなリプが届くようになり…というストーリー。

    ラストは、“麗しの受付嬢さゆ”が殺され、小春が犯人のミミ子の正体だと疑った友人のサキ(都丸紗也華)も小春の目の前で落下し死亡。

    そして、小春はミミ子のリプライに誘導され、ドレスを試着したまま逃げたり、街行く女性のアクセサリーを無理矢理盗んだりと、暴走。
    ついに車に轢かれてしまい、野次馬に写真を撮られて嘲笑われ、自らがSNSのネタとなる。
    飛んでしまったアクセサリーを這いつくばりながら追いかけ、指輪の写真を撮る仕草をして満足した表情でにっこりと微笑むと、キラキラ女子が聴いている音楽として劇中に出てきたテイラー・スウィフトの「Shake It Off」をBGMに小春の姿を眺めていたミミ子らしき人物が小春のフォローを外し、フォロワーがゼロになるというラストで終わった。

    白石麻衣、狂気の演技に絶賛の声

    現代社会を風刺した内容となり、整った顔立ちが生かされた完全に心ここにあらずの張り付いた笑顔や、全力疾走といった狂気の演技を見せた白石にネット上では「まいやん迫真の演技!」「最後の取り憑かれた表情怖すぎ」「怖い話だったけど終始美しかった」と絶賛の声が。

    ブチ切れるシーンや食事のシーンを「黒石さんキター」「もぐもぐまいやん可愛い。これは食べ石さん」と素顔を象徴する“◯石さん”シリーズにちなんで、楽しむファンも多かった。

    http://mdpr.jp/news/detail/1766089

    ドラマ『世にも奇妙な物語’18春の特別編』 白石麻衣主演「フォロワー」
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    乃木坂46 白石麻衣
    no title

    no title

    no title

    【【乃木坂46】白石麻衣、『世にも奇妙な物語』主演 狂気の熱演に絶賛の声「まいやん迫真!」「怖いけど終始美しい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ