まるたろうの怖い心霊ブログ

当サイトはホラー、映画、漫画、ミステリー、心霊写真、心霊現象、超常現象、不思議系、怪談、都市伝説、UMA(未確認生物)、その他モロモロといったオカルトをまとめていくブログです。 楽しんでいただければ幸いです。

    不思議・不気味・神秘

    1: 風吹けば名無し 2019/06/11(火) 12:23:39.21 ID:Ncsoq4cfM
    no title
    サタニズム9箇条[編集]

    サタンは禁欲ではなく放縦を象徴する。
    サタンは霊的な夢想ではなく、生ける実存を象徴する。
    サタンは偽善的な自己欺瞞ではなく、純粋な知恵を象徴する。
    サタンは恩知らずな者のために愛を無駄にすることではなく、親切にされるに値する者に親切にすることを象徴する。
    サタンは右の頬を打たれたら左の頬も向けるのではなく、仕返しをする行為を象徴する。
    サタンは精神面で他人の脛をかじる者への配慮ではなく、責任を負うべき者への責任を象徴する。
    サタンはただの動物としての人間を象徴している。「神から授かった精神と知能の発達」によって最も悪しき動物となってしまった人間という生きものは、四足動物より優れていることもあるが劣っていることの方が多いのである。
    サタンは罪と呼ばれるものすべてを象徴する。おおよそ罪とは肉体的、精神的かつ感情的な満足につながるものだからである。
    サタンはつねに〈教会〉の最も親しい友人であり続けてきた。というのも彼は長年それを仕事としてきたのである。

    【【悲報】悪魔崇拝者(サタニスト)の守るべきルール、ガチで酷すぎる 】の続きを読む

    1: 樽悶 ★ 2019/05/24(金) 22:44:02.44 ID:oMloPkCA9
    今春、生駒聖書学院に入学した兼光伸一さん(左)と中尾博章さん
    no title

    ヤクザ現役時代の兼光伸一さん。左胸にある金色のバッジは、「山菱(やまびし)」と呼ばれる山口組の菱形の代紋をデザインしたもの。バッジのチェーンは組織の三役のみが付けられるという
    no title


    生駒山(奈良県)のふもとに位置するキリスト教の神学校「生駒聖書学院」に今春、2人の元ヤクザが入学した。一人は、山口組直系暴力団(2次団体)の舎弟頭(しゃていがしら)だった兼光伸一(本名・金伸一)さん(58)。舎弟頭は組織内ではナンバー3の地位で、兼光さんは3次団体の総長でもあった。もう一人は、ヤクザ歴30年の中尾博章さん(49)。無期懲役の受刑者だけでも200人ほどが収容されている徳島刑務所などで、通算15年服役した経験がある。

    共に10代からヤクザの道に足を踏み入れた2人が、一体どのようにして聖書と出会い、イエス・キリストを信じ、そして今、牧師を目指して神学校で学ぶようになったのか。入学から1カ月余りがたった5月中旬、生駒聖書学院を訪れ、2人に話を伺った。

    ■元ヤクザの父のもと「朝鮮部落」で生まれる

    兼光さんは1960年、当時は「朝鮮部落」と呼ばれていた東京のある地域で生まれた。父親は元ヤクザのとび職で、姉と弟がいたが、小学5年の時に父を亡くす。家は非常に貧しくなり、中学2年の夏ごろからは学校にも行かなくなった。東京の歌舞伎町で不良高校生を捕まえてはどう喝し、遊びのためのお金を稼ぐという生活をしていたという。16歳で少年院に入るが、ろくに学校にも行っていなかったため、漢字も書けないほどだった。皮肉にも、本格的に勉強を始めたのは少年院の中だった。しかしすでにその頃から、将来はヤクザになると心に決めていたという。

    18歳で本格的なヤクザとなった。2つの暴力団に所属したが、いずれも幹部と反りが合わず、指を詰めてやめた。そして32歳で、後に山口組直系となる暴力団に所属するようになる。その暴力団は兼光さんが移籍した後、組織が拡大し、千人くらいの構成員を要するようになり、「歌舞伎町の一翼を担っていた」という。これまでの人生で、少年鑑別所に3回、少年院に1回、拘置所に7回、刑務所に5回も収容された。

    ■クリスチャンの妻との出会い

    10年前、あるクラブで後に妻となる智姫(ちひ)さんと出会った。韓国の美術大学を卒業した智姫さんは、子ども向けの絵本について学ぶため来日した留学生だった。日中は学校に通い、夜は生活費や学費のためにアルバイトをしていたのだった。

    ソウル生まれの智姫さんは、小さい頃から教会に通っていた。日本に留学中は、教会から離れていたこともあったが、心の中にはいつも神様への思いがあったという。日本の学校を卒業後、兼光さんと一緒に住むようになるが、最初は「別の世界の人」と結婚までは考えていなかった。しかし、お腹に新しい命が宿っていることが分かる。「子どもを下ろすこともできないと思い、何も隠さず母に伝えました」。突然の妊娠の知らせ、さらに相手がヤクザであることを聞いた智姫さんの母親は、3日間眠れなかったという。しかし、祈りの中で「とりあえず会ってみなさい」と神様が言われているように感じた。兼光さんに実際に会った母親は、小さい頃からの境遇や人柄を理解してくれ、最終的に結婚を認めてくれた。

    ※省略

    ■3度の聖書の差し入れ

    ※省略

    ■「最初の一節で本物の神様だと思った」

    半信半疑でページを開いた聖書だったが、「最初の一節で本物の神様だと思った」と兼光さんは言う。「進化論を含め、人間がどこから来たのかはっきりと分からないのが現状じゃないですか。その中で聖書は最初から『初めに、神が天と地を創造した』と宣言している。もうここに答えが出ているじゃないかと。鳥肌が立ちました」

    その後、元ヤクザの牧師らによる伝道団体「ミッション・バラバ」の本も差し入れられ、読んでみた。しかし「自分とは少し違うと思いました。彼らはみんなヤクザをすでにやめてからクリスチャンになった人たちで、自分は現役。自分は同じようにはなれないと思いました」という。だがそれでも「真の神に悔い改めれば、罪は赦(ゆる)される」と書かれた部分だけはすっと入ってきた。それから聖書を真剣に読むようになった。(続きはソース)

    2019年5月23日21時18分
    https://www.christiantoday.co.jp/articles/26857/20190523/ex-yakuza-theological-student-1.htm

    ★1:2019/05/24(金) 18:49:02.44
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558691342/

    【【宗教】「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長 差し入れで読んだ聖書「真の神に悔い改めれば罪は赦される」の一節で確信 】の続きを読む

    1: みんと ★ 2019/05/20(月) 01:23:25.21 ID:6QAI8FQI9
    安倍晋三首相とトランプ米大統領は27日の都内での首脳会談で、月面探査に向けた協力で合意する。月の周回軌道に有人宇宙ステーションを設ける米国主導の計画に日本が参加する準備に入る。宇宙ごみ(スペースデブリ)の監視や人工衛星分野でも連携を強める。技術開発で中国などが追い上げているのを意識し、宇宙空間の利用で主導権を維持して日米の安全保障協力の強化につなげる。

    ‪日本経済新聞 ‬2019年5月20日 1:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44997980Z10C19A5MM8000/
    no title

    【‪ 【宇宙】月面探査で日米協力、首脳会談で合意へ 】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/12(日) 05:19:22.230 ID:oHwhVpHir
     心霊現象を信じない人でもこの人形とそれにまつわる話を聞いたら背筋が凍るかもしれない。

     シンガポールの活気溢れる街にある、木の下で見つかったこの人形には発見当初、目隠しがされていたのだ。
    発見者によると、持ち主だと思われる人物は周りにいなかったそうだ。
    その後人形の目隠しが外され、人形の出どころと目隠しに書かれた文字の意味を調べていくうちに、恐ろしい事が発覚した。
    no title

     アラビア語で書かれた目隠し布には「bismillah(アッラーフ神の名のもとに)」と書かれていた。
    何らかの邪念や怨念を閉じ込めておくために人形の目に巻かれていた物ではないか?それとも黒魔術的なものではないのか?様々な憶測が飛び交った。

    no title

     こんな逸話がツイッター上で出回っていた。
    「人形は何かに憑依されており、持ち主が居ない間に動き回るそうで、それを気味悪がった持ち主が人形の動きを封じ、家に戻ってこないように目隠しをしておいたようだ。」

     噂では、誰もいない部屋に人形を置いておくと、喋り声を発したり、誰かが部屋に入ると、頭の向きが変わったりするという。
    喋り声は大人の女性の物で、マレー語を喋っていたと言われている。

     さらに恐ろしいことに、目隠しを取り除いた後、行方が分からなくなっているとのことだ。
    もしかしたら、元の持ち主の家に戻っているのかもしれない・・・

     ちなみに偶然だとは思うが、人形が見つかった日に近くのアパートで首つり自殺と殺人事件があったようだ。

     こちらが人形の目隠しが外された状態である。
    no title

     「とんでもないことをしてしまったようだ。ある理由があって目隠しされたものをバカな人たちが外してしまった・・・はずした人には不幸が訪れるだろう。」
    そんなつぶやきがツイッター上にあがったそうだ。

     あらたなる都市伝説が誕生してしまったようだが、この人形の作者については判明しており、作者はフェイスブックでも活動しているという。

     via:reddit・原文翻訳:riki7119

     日本では昔、モノには心が宿ると信じられていた。付喪神が存在するとも言われていた。
    その為か、人形に関する逸話も多く、毛が伸びる菊人形の話は有名である。ということで、ちょっと涼しくなりたいのなら、押し入れにしまいっぱなしの人形に話しかけてみるといい。
    この事件の真相に関して何か教えてくれるかもしれない。

    【呪いの人形外国で見つかる 】の続きを読む

    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/10(金) 01:47:59.88 ID:9IL6Boo09
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190509-00010000-wired-sci
     太陽光に含まれる紫外線(UV)が健康に悪影響を及ぼすことは、よく知られている。陽の光を浴びるときは、皮膚がんなどを防ぐために
    肌を守らなければならない。クリームでもスプレーでも構わないが、外に出るときはとにかく日焼け止めを塗るのが鉄則とされている。

    医師や保護者からYouTubeの美容インフルエンサーまで、この点では意見が一致しているが、一方で懸念すべきデータもある。
    日焼け止めはこれまで、休暇で海辺などの日差しの強い場所に行ったときにしか使われていなかった。つまり1年に数回程度だったのだが、
    これが毎日の習慣となることで、日焼け止めそのものが皮膚や人体に与える影響が注目されているのだ。

    具体的には、日焼け止めに配合される紫外線防御剤が皮膚から体内に吸収されるのではないか──という疑いがある。
    だとすれば、処方箋なしで買える一般用医薬品と同じように、米食品医薬品局(FDA)の許認可を得るべきではないだろうか。
    つまり、臨床試験などでホルモン値や生殖器系に問題を引き起こさないか、発がん性はないかといったことを調べる必要があるわけだ。

    ■薬局で買えるUVケア製品の品揃えが変わる?
     日焼け止めについて臨床試験が実施されることは、ほとんどない。
    なぜなら、現在使用されている紫外線防御剤は何十年も前にすでに当局の許認可を得ているからだ。
    とはいえ、当時はこうした化学物質が体内に吸収されるとは考えられていなかった。

    こうした状況を受け、米国で最も一般的な日焼け止めの配合成分4種類について、FDAが小規模な臨床試験の結果を発表した。
    『米国医師会雑誌(JAMA)』に掲載された論文によると、UVから肌を守るための化学物質は、血液中に流れ込んでいることが明らかになったという。
    これはメーカーの説明とは真逆だが、だからと言ってすぐさま日焼け止めを使うのをやめるようなことはしないでほしい。
    紫外線防御剤は人体に悪影響を及ぼすという証拠が見つかったわけではないからだ。
    そうは言っても、この研究が化粧品業界や化学品業界に大きな影響を及ぼすことは確実だろう。
    年内にも薬局で買えるUVケア製品のラインナップが変わってくる可能性もある。

    論文の著者のひとりでFDAの非処方箋医薬品部門で働くテレサ・ミシェルは、次のように語る。
    「これまでこうした化学物質は皮膚の表面にとどまり、体内には吸収されないと考えられていました。ただ実際はそうではなかったのです」

    ■被験者全員の血液から数時間で検出
     研究チームは、日焼け止めが皮膚の表面に塗布されてからわずか数時間で、配合成分が血液中に取り込まれることを発見した。
    これにより血液中の紫外線防御剤の量はFDAの閾値を超えたため、さらなる調査が必要になる。

    体内への吸収は被験者24人全員で確認された。
    男性12人と女性12人からなる被験者グループは、市販の日焼け止め4種類(スプレータイプ2種類、クリーム1種類、ローション1種類)から
    ランダムに選ばれたものを、メーカーの推奨する方法に従って4日間にわたって肌に塗布した。
    具体的には、1日4回、4時間ごとに、体の表面の75パーセント(水着を着用した際に露出する部分の面積にほぼ等しい)に塗るのだ。

    研究チームは日焼け止めを使った4日間とその後の3日間の計7日間、数時間ごとに被験者から血液を採取し、アヴォベンゾン、オキシベンゾン、
    オクトクリレン、エカムシュル(テレフタリリデンジカンフルスルホン酸)の量を測定した。検査したサンプルの数は1人当たり30点に上る。
    紫外線防御剤の吸収はどの日焼け止めでも観察されたが、体内に取り込まれる速度などは種類によって異なっていた。
    スプレーおよびローションの場合、血液中の化学物質のレヴェルは塗布をやめても実験終了まで上昇し続けた。
    一方、クリーム状の日焼け止めは化学物質のレヴェルが低下するのが早かったという。

    ■影響が「わからない」ことが問題に
     紫外線防御剤が体内に取り込まれると何らかの影響があるのか、現時点では不明だ。
    カリフォルニア大学サンフランシスコ校教授でJAMAの皮膚医学版の副編集長を務める皮膚科医のカナデ・シンカイは、
    「影響は特にないという可能性もありますが、問題なのはわからないという点です」と話す。

    紫外線が皮膚がんを引き起こすことは医学的に証明されている。つまり、日焼け止めを塗ることは確実に有益だが、
    それを上回るようなリスクがあるのかを、わたしたちは知らないのだ。

    ※続きはソースでどうぞ
    no title

    【【健康】日焼け止めの化学物質は体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた 被験者全員の血液から数時間で検出 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/05/06(月) 12:12:52.30 ID:HIMiE57S9
    ◆ がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?

     ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。
    全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

     英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。
    2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、
    手の施しようのない状態になった。

     医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。
    ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

     ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、
    「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」という投稿が目に入った。
    連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。

     獣医はジョーさんに、次のように説明した。
    「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが発見されたんです。
    それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が消えてしまったのです」

     この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。
    そして3カ月後、実験療法を受けている病院で、PET(放射断層撮影法)スキャンを受けたところ、がんがきれいに消滅していたというのだ。
    「3カ月前……がんは頭からつま先まで、体中に転移していました。恐ろしい転移で、3カ月以内に100%死ぬという状態でした。
    ところが3カ月後、PETスキャンには何も映っていなかった。どこにもがんはありませんでした」

     ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他にビタミンBのサプリ、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、
    香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。
    しかし実験療法を受けた約1100人のうち、がんが完治したのはジョーさんのみ。フェンベンダゾールが劇的に効いたとしか考えられなかった。

     ジョーさんはその経緯を、公式ウェブサイト「Get Busy Living(必死で生きる)」で発表した。
    「がん患者に誤った希望を与える」との批判も受けたが、ジョーさんは次のように語った。
    「医学的治療に関するアドバイスをする資格はありません。でもできるだけ多くの人々に体験談を語る資格はあるはずです」

     一方、フェンベンダゾールによってがんが治ったというケースが、ジョーさん以外に40件以上あることも判明。
    ジョーさんの話を知ったオクラホマ医療研究基金がフェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を始めているという。

    日刊ゲンダイDIGITAL 2019/5/4(土) 9:26 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000011-nkgendai-life

    ※★1スレ記者注:ソースの信頼性がアレなので実在することを確認しました
     関連URL:(ジョー・ティッペンズ氏の公式ウェブサイト・英語)
     https://www.mycancerstory.rocks/

    ■前スレ(★1:2019/05/04(土) 16:23:47.02)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557014389/
    no title

    【【医療】がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治? 米オクラホマ州】の続きを読む

    このページのトップヘ