まるたろうの怖い心霊ブログ

当サイトはホラー、映画、漫画、ミステリー、心霊写真、心霊現象、超常現象、不思議系、怪談、都市伝説、UMA(未確認生物)、その他モロモロといったオカルトをまとめていくブログです。 楽しんでいただければ幸いです。

    不思議・不気味・神秘

    1: 2020/01/01(水) 23:46:00.65 ID:GHBAxqkS9
    UFOの専門家は、NASAの火星の写真の1つで、エイリアンの生命体によって作られた奇妙な構造を発見したと主張しています。専門家によると、この構造は、赤い惑星の昆虫のようなエイリアンによって作られた巣である可能性があります。

    巣のような構造についての主張は、UFOに焦点を当てたブログETdatabaseの?Scott Waringによってなされました。ワーリングによると、彼は火星のNASAのスピリットローバーが撮影した未加工の写真を見ていたときに、構造物の画像に出会いました。

    Waringの注目を集めた写真は、Sol 106のミッションのローバーによって撮影されました。画像の詳細によると、火星のグセフ火口付近で撮影されました。NASAの火星探査機によって撮影された他の画像と同様に、この写真は、火星の砂漠のような表面に散在するさまざまなサイズの岩石を特徴としています。

    写真に基づいて、構造は非常に小さく見え、奇妙な形をしています。写真にある岩の上に腰掛けて見ることができます。オブジェクトの奇妙な外観のために、ウォーリングは、それが火星の小さな外来生物によって構築された巣である可能性が最も高いと主張しました。

    「この写真は、火星で106日目に火星スピリットローバーが撮影したものです」とWaringはブログ投稿で述べています。「私が見つけたオブジェクトは、最近作られた構造です。その滑らかさと線はすべて、現在この小さな構造に何かが生きていることを示しています。」

    サイズに加えて、構造のもう1つの奇妙な特徴は表面です。写真にあるように、オブジェクトの表面にはさまざまな穴があります。これにより、ワーリングは、構造を構築した疑いのある生き物は地球上の昆虫に似ている可能性があると信じるようになりました。彼は、巣のような構造が、シロアリによって作られた塚の外観を思い出させると言った。

    「ここに住む生き物の身長は約1~2cmです」とウォーリングは述べた。「構造自体は、高さ約24cm、幅35cmです。生命体は昆虫のような小動物にすぎないかもしれませんが、それでも生命体によって作られています。シロアリがどのように立ち上がって螺旋状の塚を作るか。知ってっペ

    解説:画像中央ちょい下の岩石の事らしい

    google翻訳
    https://www.ibtimes.com/nasa-photo-shows-alien-insect-nest-mars-ufo-expert-claims-2894279
    no title

    【【宇宙】特報!NASA発表の火星画像に写っていた生命体の小さなおうち】の続きを読む

    このページのトップヘ