まるたろうの怖い心霊ブログ

当サイトはホラー、映画、漫画、ミステリー、心霊写真、心霊現象、超常現象、不思議系、怪談、都市伝説、UMA(未確認生物)、その他モロモロといったオカルトをまとめていくブログです。 楽しんでいただければ幸いです。

    不思議・不気味・神秘

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/21(土) 20:56:59.67 ID:pLLY2+LC0
    お前ら覚悟出来てるンゴか?
    no title

    【"親の死”とかいう絶対に避けられない鬱イベントwwwywwwywwwywwwy】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/19(木) 08:49:07.11 ID:w7D17DgM0● BE:887141976-PLT(16001)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    氷河期前、人類がマンモスなどの骨で作った最も古い円形構造物が発見された。
     
    イギリスのエクセタートデなどの国際研究チームは、ロシアのコーステンキー遺跡で、
    2014年マンモス骨製の円形の構造物を発見し、翌年から3年間の発掘調査に入った。
    約2万5000年前作られたこの構造物では、巨大な60匹分のマンモスの骨をはじめ、
    トナカイと馬、熊、オオカミ、赤キツネ北極キツネの骨も多数出てきた。

    いわゆる「ボーンサークル(bone circle)」と呼ばれるこのような構造は、旧石器時代に人が寒さを避けるために作られたもので、
    一種の家と思われる。これまで、ロシア西部の平原だけでなく、ウクライナで70個程度発見されたが、ここはその中で最も古い場所で、
    サイズも幅12.5メートルと最大とされる。

    モスクワから南に約520㎞の距離にあるこの遺跡では、1960~1970年代にも似たような構造物が発掘されて遺跡には、
    コテンスキー11という名前が付けられた。

    https://gogotsu.com/archives/56451
    no title

    no title

    【マンモス60匹の骨が一気に見つかる 2万5000年前の旧石器時代の家?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/15(日) 21:46:27.88 ID:5/uLIqLH0● BE:601381941-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
    新型ウイルスの特効薬は牛の尿? ヒンズー教団体が「飲尿パーティー」開催 インド

    no title

    no title

    no title


    【3月15日 AFP】新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するために世界各地でさまざまな努力が続けられる中、
    インドの首都ニューデリーでは14日、ヒンズー教の活動家数十人が、新型ウイルスから身を守るために牛の尿を
    飲むパーティーを開いた。

    新型ウイルスと闘うべく、「ガウムトラ(牛の尿)パーティー」と銘打った、火を用いた儀式と飲尿の集会を開催したのは、
    「全インド・ヒンドゥー・マハーサバー(All India Hindu Mahasabha)」のメンバーと支持者ら。

    13億人の人口を抱え、ヒンズー教徒が大多数を占めるインドでは、牛は聖なる動物とみなされており、近年は
    にせの療法として専門家が否定するにもかかわらず、牛の尿が万能薬であるとの主張が相次いでいる。

    AFPの取材に応じたボランティアの一人ハリ・シャンカル・クマール(Hari Shankar Kumar)さんは集会で、土製の器に
    「薬」を注ぎながら「牛の尿を飲めば誰でも癒され、守られる」と述べた。

    火の儀式では、オレンジ色の衣装をまとったメンバーらが真言を唱え、信者らが牛に捧げる賛歌を歌った。

    同団体の指導者であるチャクラパニ・マハラジ(Chakrapani Maharaj)氏は報道陣に対し、「われわれはここに集まり
    世界の平和を祈る。コロナ(ウイルス)を鎮めるためにささげものをする」と説明。牛の尿を飲み干すと、ウイルスを
    「鎮める」ため、悪魔の姿をかたどった新型コロナウイルスの絵に向かって器をささげた。

    チャクラパニ氏は、病気を撃退するために「試験されて検査済み」のこの習慣を取り入れるよう人々に促し、動物を
    殺して肉を食べるのをやめるよう訴えた。

    近隣のウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh)州から集会に参加した人は、「コロナウイルスはバクテリア(ウイルス)でも
    あるから、牛の尿はわれわれに害を及ぼすあらゆる形態のバクテリアに対して効果がある」と語った。(c)AFP

    https://www.afpbb.com/articles/-/3273451

    【「牛の尿を飲めば守られる」 新型コロナ対策でヒンズー教団体が「飲尿パーティー」開催 …インド】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/18(火) 20:09:02.05 ID:V9eonD8O9
    2020/2/11


    カサデヴァーイ氏が率いる研究チームの調査により、チェルノブイリ原子炉跡で見つかった、放射線を食べる菌類が自然界にもともと存在しているレベルの約500倍の量の電離放射線に耐えられることがわかりました。調査されたのは、『クラドスポリウム・サファエチスペルマム(Cladosporium sphaerospermum)』『クリプトコッカス・ネオフォルマンス(Cryptococcus neoformans)』『ワンギエラ デルマティティディス(Wangiella dermatitis)』の3種類です。

    これらは、耐性があるのみでなく、放射性環境下にある方が速く成長するとみられています。他の調査では、これらの菌類が、まるで餌に手を伸ばすかのように放射線源の方へ芽胞と菌糸を向けることが確認されているのです。

    「チェルノブイリ原発事故後に最初に出現した生物が菌類でした。あのような環境下で菌類がどのようにして繁殖することができるのか、我々、科学者は知りたいと思ったのです」と、これらの菌類について詳細な調査を行ってきNASAジェット推進研究所の上級科学研究員、カストゥーリ・ヴェンカテスワレン氏は2016年にマザーボード(雑誌VICE のオンライン版)で述べています。

    さらにヴェンカテスワレン氏は「事故現場で収集した菌類は、立ち入り禁止区域外で収集した菌類より多量のメラニンを保有していました」と報告しています。「これは、菌類が放射活性に適応したことを意味しています。そして、その内の2割もの菌類が放射線を養分化することが確認されました。つまり、放射線に向かって成長していたのです。放射線が大好物なのです」

    黒色真菌はなかなかの旅行者でもあります。チェルノブイリで採取された8種の菌類が2016年にスペースX社のロケットに乗って国際宇宙ステーションに運ばれました。

    宇宙空間で培養する目的は、黒色真菌が非常に高レベルの放射線に耐えられる仕組みを解明することでした。また、放射線環境下で繁殖する菌類の調査は強い宇宙線の降り注ぐ環境で活用するアイデアを触発してもいます。たとえば、宇宙飛行士が長期間にわたって宇宙飛行をする場合や人類が他の惑星に入植したときに食料源として利用できるか研究することも考えられています。https://vaience.com/biology/20200211-radiation-munching-fungi-are-thriving-on-the-walls/
    no title

    ※抜粋記事です。詳しくはリンク先へお願い致します。

    【【🛸宇宙も旅した黒色真菌】チェルノブイリ原子炉の壁に放射線を「食べる」菌類が大繁殖していたことが判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/02/15(土) 00:03:23.108 ID:JWbUDWic0
    機体のアルミニウムと反応してこうなるから

    no title

    【【画像】飛行機に水銀が持ち込めない理由WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む

    このページのトップヘ