まるたろうの怖い心霊ブログ

当サイトはホラー、映画、漫画、ミステリー、心霊写真、心霊現象、超常現象、不思議系、怪談、都市伝説、UMA(未確認生物)、その他モロモロといったオカルトをまとめていくブログです。 楽しんでいただければ幸いです。

    フランス

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: みつを ★ 2019/03/03(日) 01:44:26.94 ID:ubt4rf8M9
    https://www.cnn.co.jp/style/arts/35133542.html

    屋根裏で見つかったカラバッジョの名画が競売に、予想落札額190億円 仏

    2019.03.01 Fri posted at 17:30 JST

    フランス南部トゥールーズの民家の屋根裏から見つかり、鑑定の結果、イタリアの巨匠カラバッジョ(1571~1610年)の作品であることが明らかになった絵画がオークションにかけられることが28日発表された。予想落札額は最高で1億5000万ユーロ(約190億円)に達するとみられている。

    縦約152センチ、横約183センチのこの絵画は、旧約聖書の「ユディト記」に題材を取った「ホロフェルネスの首を切るユディト」。未亡人のユディトが、自らの住む町を包囲したアッシリアの将軍ホロフェルネスの陣営に嘆願のふりをしておもむき、その首を切って殺害する場面を描いている。

    2014年、トゥールーズのある民家の持ち主が、雨漏りを直そうとたまたま屋根裏に入ったところ、この作品を発見したという。オークションは6月27日、トゥールーズで開かれる予定。

    鑑定を行ったカラバッジョの専門家エリック・チュルカン氏は、「これまで見た中で最高の絵画」と同作品を称賛。「非常に暴力的で、ほとんど耐え難いほどの描写だが、作者は聖書の記述をそのまま具現化した。聖書の記述に命を吹き込んだのだ」と説明した。

    美術史家の中には、カラバッジョと同じ時代に活躍し、その贋作(がんさく)を描いたルイ・ファンソンの作品ではないかと考える人もいる。しかしチュルカン氏は、贋作には通常ない修正の跡が見られることなどを理由に、同作品を本物だと主張。また年代のわりに保存状態が極めて良好な点にも言及した。
    作品はカラバッジョの晩年の1600~1610年ごろに描かれたものとみられるという。

    no title

    no title

    【【フランス】屋根裏で見つかったカラバッジョの名画「ホロフェルネスの首を切るユディト」が競売に、予想落札額190億円 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: しじみ ★ 2019/02/10(日) 13:25:28.29 ID:CAP_USER
    宮崎駿監督が初めて手がけた長編アニメ映画「ルパン三世 カリオストロの城」が公開から40年後の2019年1月、フランスで初めて上映された。

    ■フランス政府が紹介

    フランス政府留学局の日本支局は2月7日、フランスで「カリオストロの城」が上映されたことをtwitterで紹介し、「フランス留学中の方はぜひフランス語で様々な名シーンを見てみてください」と呼びかけた。

    ■上映まで40年...背景に著作権問題か

    「ルパン三世 カリオストロの城」は1979年に日本で公開されたアニメ映画。原作はモンキー・パンチさんで、宮崎駿さんが監督を務めた。

    ヨーロッパにある架空の国「カリオストロ公国」を舞台に、フランスの小説家モーリス・ルブランの作品に登場する怪盗、アルセーヌ・ルパンの孫という設定の「ルパン三世」が活躍する物語。

    日本では度々テレビで放映されるなどし、根強い人気を保ってきた。

    フランス政府留学局が紹介している現地のニュースサイト「Le Point」によると、この作品がフランスの映画館で上映されたのは初めてだという。

    上映されるまで40年間かかった理由について、 ルパン三世という名前が、「アルセーヌ・ルパン」シリーズの著作権に抵触するとして、問題視されていたと同サイトは紹介している。

    なお、作者モーリス・ルブランの死後70年が経過した2012年から「アルセーヌ・ルパン」シリーズの著作権が消滅。ルパンの名称に関わる問題がクリアになったことで、正式に映画公開できるようになったようだ。

    そのため、以前から作品のビデオ版は出回っていたものの、主人公はルパンではなく「エドガー(Edgar)」や「ヴィドック(Vidoqc)」などと名前が変えられていたという。

    フランスの大手紙「ル・モンド」はこの映画について「一種の理想的なエンターテイメントを実現している」と称賛している。

    no title

    https://www.huffingtonpost.jp/2019/02/09/rupinthethird-france0210_a_23665757/

    【【話題】「カリオストロの城」フランスで初上映。40年間公開されなかったのは、本家ルパンとの著作権トラブルが原因? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2019/02/03(日) 15:21:04.61 ID:AoDIPoIg0● BE:601381941-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
    ジャガイモ?実は手りゅう弾 香港のポテトチップス工場

    香港にあるポテトチップスなどを作る工場でフランスから輸入された大量のジャガイモに混じって、
    茶色く土がついた手りゅう弾が見つかり、警察の爆弾処理班が出動する事態となりました。

    手りゅう弾が見つかったのは、大手菓子メーカー「カルビー」の香港にある子会社「カルビーフォーシーズ」の
    工場で、ポテトチップスなどを作っています。

    従業員が機械で材料のジャガイモを選別する作業を行っていた際に丸い金属を見つけ、警察に届けました。

    これを受けて、2日朝、警察の爆弾処理班が出動し、この金属が手りゅう弾だと確認したうえで処理を行い、
    けが人や建物への被害はありませんでした。

    警察によりますと、見つかった手りゅう弾は第1次世界大戦中にドイツが製造したものとみられ、フランスから
    香港に輸入された大量のジャガイモに混じっていたということです。

    重さは1キロほどありますが、大きさは直径8センチで、茶色く土がついていたということです。警察はジャガイモに
    手りゅう弾が混じった経緯などを調べることにしています。

    no title


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190202/k10011801381000.html

    【【画像】 フランスから輸入のジャガイモに手りゅう弾 爆発物処理班出動の騒ぎに …カルビーの工場 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/09/05(水) 17:37:34.891 ID:Z1rUsPg30
    no title

    no title

    no title

    no title

    https://i.imgur.com/KITJuRZ.gif


    テロ多いし 黒人多いし ムスリム多いし ビーガン暴れるし 立ちション多いし 大統領は変態だし ひろゆきいるし

    【【悲報】フランス、もうめちゃくちゃ 】の続きを読む

    このページのトップヘ