まるたろうの怖い心霊ブログ

当サイトはホラー、映画、漫画、ミステリー、心霊写真、心霊現象、超常現象、不思議系、怪談、都市伝説、UMA(未確認生物)、その他モロモロといったオカルトをまとめていくブログです。 楽しんでいただければ幸いです。

番組

    このエントリーをはてなブックマークに追加
何にする?
no title

【神「終わった番組を一つだけ復活させてやろう」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
「イッテQ」ヤラセ全否定の日テレ 後に引けない苦しい事情・・・視聴率一強が崩れ始めた!

日本テレビ系の「世界の果てまでイッテQ!」は、2007年に始まり、12年には年間視聴率1位を獲得した人気番組である。
現在も20%超の視聴率を誇り、4年連続、視聴率3冠を続ける日テレの顔といえる番組だそうだ。内村光良をメイン司会に、
ジャニーズの手越祐也、イモトアヤコらが体当たりの海外ロケに挑むバラエティで、11年、「イモトが挑む南米大陸最高峰アコンカグア登頂スペシャル」は、
放送文化の発展と向上に貢献したとして、ギャラクシー賞を受賞している。

この番組のモットーは「ウソとヤラセの完全排除」だそうだが、今週の週刊文春が、この番組で「ウソとヤラセがあった」と報じている。
5月20日に放送された「橋祭り in ラオス」がそれである。「イッテQ」の中の人気企画で、芸人の宮川大輔が世界各地で行われている祭りに突撃参加して、
その模様を伝えるというものだ。

宮川が参加した祭りは100回以上になる。ロケ地はラオスのビエンチャン。年に1度開かれる橋祭りは、全長25メートルの細い板(これを橋に見立てている)
の上を自転車で渡るのだが、4つの球が回転していて、これに衝突するとたちまち泥水に落下してしまうというものだ。20人の参加者による勝ち残り方式で、
VTRでは会場の盛り上がりも紹介しながら、「町中の人が集まってきた」というナレーションが入っている。

ところが、この地に赴任して数か月という日本人駐在員が、こんな祭りを聞いたことはないし、周りのラオス人も誰も知らない。
そもそもこの地域ではバイクには乗るが、自転車に乗る人はあまりいない。「視聴者だけでなくラオス国民を馬鹿にした」番組だと週刊文春に告発したのだ。
駐日ラオス大使館に問い合わせたが、そんな祭りは聞いたことがないという。さっそく週刊文春は現地へ飛んだ。

現場はビエンチャンの中心から徒歩10分の、乾期で干上がってできたメコン川の河川敷。結論をいうと、当日行われていたのはラオス産のコーヒーを宣伝する
「コーヒーフェスティバル」で、その隅っこで、番組のスタッフが設営し、撮影したものだったそうだ。

https://www.j-cast.com/tv/2018/11/08343276.html
no title

【【悲報】イッテQ 番組のモットーは「ウソとヤラセの完全排除」だったw 】の続きを読む

このページのトップヘ